当サイトでは快適にページをご覧いただけるようにクッキー(Cookie)を利用しております。このまま当サイトをご利用されますと、プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

EDAYA JOURNEY

EDAYA JOURNEY

2013/03/08

edaya

courtesy of EDAYA

 

近代化により失われつつある無形文化を有形なものづくりを通して次世代へ伝えたいと、フィリピン・北ルソンの山岳先住民族の無形文化や伝統的な竹楽器に着想を得たジュエリーや楽器を扱うブランドEDAYAが、このたび、あたらなプロジェクト「EDAYA JOURNEY」をスタートし、展覧会が開催されることになりました。

photobyduoedaya

EDAYA: 竹楽器を制作する現地男性)

「言い伝えや儀式、くらしを支えてきた技や知恵、歌や踊りといった、「かたち」と共に「かたちにはできない精神性のような何か」の部分も一緒に、次世代へ受け継いでいくべき、「無形文化」の衰退は著しくなっています。」 
EDAYA コンセプト より)

EDAYA JOURNEYプロジェクトは、失われつつある無形文化や伝統音楽の現状を調査、発表し、村へ還元する一連の取り組み。

今回の展覧会では特に、カリンガ族の竹楽器に着目。EDAYAを主宰する山下彩香さんとエドガー・バナサンさんが、2012年12月から1か月にわたり現地で取材した竹楽器の貴重な演奏映像も公開予定です。

11日間の会期中は、フィリピンより来日するエドガーさんによる竹楽器制作ワークショップや無形文化や伝統、フェアトレードについてのトーク、竹楽器のライブなどが予定されています。

→ イベント詳細はこちら

 

今回の展覧会での「発表」後、かろうじて伝統音楽の奏者が残っていた村を対象に、失われつつある伝統音楽を生きた伝統として子供たちへ伝えるべく、伝統音楽教室や発表会を開催する、という企画で、2013年5月の実施を目標に準備が進められています。

 

 

EDAYA JOURNEY - Soul of Kalinga Music -

日時:2013年3月20日(水)~30日(土) 11:00-18:00

場所:六本木ストライプハウススペース

主催:EDAYA JOUNEY展実行委員会

共催:六本木ストライプハウスギャラリー

 

トップへ戻る

LOHAS COUTUREのセレクトショップ
chic edition(シークエディション)