当サイトでは快適にページをご覧いただけるようにクッキー(Cookie)を利用しております。このまま当サイトをご利用されますと、プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

schmidttakahashi

schmidttakahashi

2011/08/22

 

courtesy of schmidttakahashi

 

www.schmidttakahashi.de

 

使用されなくなった服に新たな命を吹き込み続ける。

ただのリサイクルでは終わらない。 



 

異素材の面白さ。意外な組み合わせで生まれる味わい。
ユーズドアイテムをただ再利用するのではなく、素材・ディテールの特長を活かして新たな命を吹き込むのは、ベルリン発のschmidttakahashi。

 

schmidttakahashiではユーズドアイテムの回収ボックスを設置。寄付者は受け取ったIDをもとに、アイテムのその後を追跡することができます。
 
spendebeutel

courtesy of schmidttakahashi

 
 
集まった数々のユーズドアイテム。まずは洗濯・アイロンがけ。
その後、各アイテムの寄付者(匿名)・色・素材・写真といった情報ををRFIDと呼ばれる小型チップに保存。
RFIDリーダーでスキャンすることで、schmidttakahashiの膨大なアーカイブの中からそれぞれのアイテムに関する情報について簡単にアクセスできます。

 

 

コレクションのテーマを決め、スケッチをし、という一般的なアプローチはまれ。
schmidttakahashiでは集まったユーズドアイテムからインスピレーションを受けて1つ1つのアイテム(Unikat)が生まれます。
 

集められたユーズドの服から生まれるのはアイテムはそれぞれが1点もの。そのデザインをベースにして生まれるDuplikat(=複製)には、オーガニックコットン・リサイクルコットン・オーガニックリネン・オーガニックウールなどサステイナブルな素材が取り入れられています。

 

>>> SHOP  schmidttakahashi

 

 

◆デザイナー◆

Eugenie Schmidtは1979年にタジキスタンのドゥシャンベに生まれ、ベルリンのHTW Berlin (University of Applied Sciences) とKunsthochschule Berlin-Weissensee(ベルリン・ヴァイセンゼー美術大学)にてファッションデザイン、ベルギーのRoyal Academy of Fine Arts Antwerp(アントワープ王立芸術アカデミー)にてコスチュームデザインを学ぶ。

Takahashi Mariko は、1974年に広島に生まれ、武蔵野美術大学にてプロダクトデザイン、Kunsthochschule Berlin-Weissensee(ベルリン・ヴァイセンゼー美術大学)にてテキスタイル&表面デザインを学ぶ。

 

schmidttakahashi

トップへ戻る

LOHAS COUTUREのセレクトショップ
chic edition(シークエディション)