当サイトでは快適にページをご覧いただけるようにクッキー(Cookie)を利用しております。このまま当サイトをご利用されますと、プライバシーポリシーに同意したものとみなします。

PARTIMI

PARTIMI

2010/10/08

 

courtesy of PARTIMI

 

www.partimi.com

 

時を超えても色あせない、そんな「味」の秘密。

 

PARTIMIは建築用語の「Parti」から派生したもので、デザインプロジェクトにおける概念的な出発点を意味します。

2011年春夏コレクションは、Eleanorの祖母が1969年にSotheby's(サザビーズ)で集めたDiaghilev(ディアギレフ)のBallets Russes(バレエ・リュス)のコスチュームにインスパイアされたもの。

多くの人はめったに目にすることのできない素晴らしいコスチューム衣装を身近に育ったElenor。そんなElenorの興味をいつもひきつけたのはコスチュームのすそのほころび、即席の修理跡、ミスマッチのパッチや繰り返されたかがり縫い。それぞれのコスチュームに独特の「味」を与えているのはそんな不完全要素。

2011年春夏コレクション「DIEU BLEU」で主に使用されているのはオーガニックシルクサテン。
オーガニックコットンが使用されたニットカーディガンやニットワンピースは同じくCentral Saint MartinsのFashion Knitコースを卒業したHiroko Nakajimaさんとのコラボレーションによるものです。

 

2013年春夏コレクション「PELICAN」のインスピレーションは、Eleanorの母の故郷であるフロリダのサラソタ。

2014年春夏コレクションのインスピレーションは、 シリー諸島に属するトレスコ島のトレスコ・アビー・ガーデン(大修道院の庭園)。

使用されている素材はすべてロンドン郊外でプリントが施され、East London(東ロンドン)にある家族経営の工房にて製造されています。

 

>> SHOP PARTIMI

 

◆デザイナー◆

ロンドン在住のデザイナーEleanor Dorrien-Smithは2008年6月にCentral Saint MartinsのFashion and Printコースを卒業。これまでに、Mary Katrantzou(メアリーカトランゾ)、John Galliano(ジョンガリアーノ)、Eley Kishimoto(イーリーキシモト)やTata-Naka(タタナカ)で経験を積む。

 

Partimi

関連アイテム

トップへ戻る

LOHAS COUTUREのセレクトショップ
chic edition(シークエディション)